智恵ある者に怒りなし

大宇宙最高の仏のさとりを開かれたブッダに関する話を書いています。
『智恵ある者に怒りなし』
「そなたは祝日に、肉親や親類の人たちを招待し、歓待することがあるか」
ブッダの静かな問いかけに、先刻から、辺り構わずどなり散らしていた邪教徒の男は、
「そ、そりゃ、あるさ」とかろうじて答えました。
訪れてから今まで、悪口雑言を浴びせ続けているが、全く挑発に乗ってこないブッダに焦りを感じていたところでした。
ブッダは続けて尋ねられました。
「親族がその時、そなたの出した食べ物を食べなかったらどうするか」
「食わなければ、残るだけさ」
ブッダは「私の前で悪口雑言ののしっても、私がそれを受け取らなければ、その罵詈雑言は、だれのものになるのか」
核心に触れたと思った男は、ムキになって反論した。
「いや、いくら受け取らなくとも、与えた以上は与えたのだ」
「いや、そういうのは与えたとはいえない」
ブッダに突っぱねられた男は、訳が知りたくなる。立場が逆転し、その男は、自らブッダに問うようになりました。
「それなら、どういうのを受け取ったといい、どういうのを受け取らないというのか」
ブッダは答えて、「ののしられた時、ののしり返し、怒りには怒りで報い、打てば打ち返す。闘いを挑めば闘い返す。それらは与えたものを受け取ったというのだ。しかし、その反対に、何とも思わないものは、与えたといっても受け取ったのではないのだ」
さっきから感じていたことを言い表された気がして、男は重ねて尋ねた。
「それじゃあなたは、いくらののしられても、腹は立たないのか」
ブッダは厳かに、偈で答えられました。
「智恵ある者に怒りなし。
 よし吹く風荒くとも、
 心の中に波たたず。
 怒りに怒りをもって報いるは、
 げに愚か者のしわざなり」
百雷に打たれたような衝撃が心に走った。外道の若者は「私は、ばか者でありました。どうぞ、お許しください」
落涙平伏し、仏に帰順したのです。

巨大な樹木も一粒のタネから

仏教を説かれた、ブッダ(仏陀)にまつわる話を書いています。
「巨大な樹木も一粒のタネから」
ある日、ブッダがお弟子を連れて村を訪れ、托鉢をして歩かれました。
たまたま、そのお姿を拝した貧しい女が深い尊敬の念を起こし、
「なんと尊いお方だろうか。ぜひ何か差し上げたい」
と、布施を志し、女はブッダに、自分たちの昼食のために用意した「麦こがし」を施すことにしました。「麦こがし」とは大麦を煎って焦がし、うすでひいて粉にしたものです。
鉢に麦こがしを差し上げた時、ブッダは弟子の阿難に向かってこういわれたそうです。
「この女は今の尊行によって、やがてさとりを開くであろう」
すると傍らにいた彼女の夫が、おもむろにブッダに歩み寄り、腹を立てた様子で食ってかかりました。
「そんな出任せ言って、麦こがしを出させるな。取るに足らぬ布施でどうしてそんな果報が得られるか」
ブッダは、静かに、
「そなたは世の中で、これは珍しいというものを見たことがあるか」
『いきなり何だ』と男は戸惑いつつも、「珍しいもの」と問われ、村の大樹を思い出しました。
「あの多根樹ほど不思議なものはない。一つの木陰に五百両の馬車をつないでも、まだ余裕があるからな」
続けてブッダは問われて、
「そんな大きな木だから、タネはひきうすぐらいはあるだろう。それとも飼い葉桶ぐらいかな」
「とんでもない。そんな大きなものではない。ケシ粒のほんの四分の一ぐらいしかない」
ブッダは答えて、
「そんな小さなタネから、そんな大きな木になるなんて、だれ一人信じないね」
ブッダの言葉に、男は大声で反論しました。
「だれ一人信じなくとも、オレは信じている」
ここでブッダは言葉を改め、
「どんな麦こがしの小さな善根でも、やがて強縁に助けられ、ついにはさとりを開くこともできるのだ」
ブッダの当意即妙の説法に、夫は自身の誤りを知らされた。直ちに己の非をわび、夫婦そろって仏弟子となったのです。


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.