「目がただれようとも眠りはいたしません」

三十五歳で最高の仏のさとりを開かれたブッダ(仏陀)についてのお話です。
「目がただれようとも
眠りはいたしません」
―仏弟子アナリツの誓い
精舎では善男善女が肩を並べ、真剣にブッダの説法を聴聞していました。
瞬きさえ惜しむような張り詰めた空気の中で、仏弟子アナリツは不意に襲った睡魔と闘っていました。不摂生をした覚えはないが不覚にも、彼はつい居眠りをしてしまったのです。
法話のあと、犯した過ちの大きさに震えながら、ブッダの御前にひざまずいて、うなだれました。
「何が目的で、仏道を求めているのか」
ブッダの問いにアナリツは、
「はい。生死の一大事の解決のためでございます」
「そなたは良家の出身ながら道心堅固、どうして、居眠りなどしたのか」
慈言が胸に響き、身の置き場もないような気持ちになりました。悔悟の念を絞り出すように、アナリツはこう誓いました。
「今後、目がただれようとも眠りはいたしません。どうか、お許しください」
その日から熱烈な修行を敢行した彼は、夜が更け、暁を見ても、決して眠ることはなかったのです。
不眠は連日に及び、”あの誓いは聞法の場のみのこと”と思った周囲からは、驚きとともに忠言が多く寄せられました。夜も休まぬ決意とは、到底だれも思わなかったのです。
やがて、不休の修行で目を患った彼に、ブッダは諭されました。
「琴の糸のように張るべき時は張り、緩むべき時は緩めねばならぬ。精進も度が過ぎると後悔する。怠けると煩悩が起きる。中道を選ぶがよい」
侍医の、”もう少し、眠れば治る”の強い勧めにも、彼はブッダとの誓いを貫き徹し、ついに両眼を失明してしまいました。同時にしかし、深遠な心眼が開け、釈迦十大弟子の一人、アナリツ尊者となったのです。
*     *
彼が目の光を失ってからのこと。衣のほころびを繕うため針に糸を通そうとするが、見えないのでかなわない。そこで周囲に呼びかけました。
「だれか、善を求めようと思う人はありませんか。この針に糸を通していただきたいのです」
しばし待つも、応じる人はない。
あきらめかけた時、傍らに気配がしました。
「ぜひ、私にさせてもらいたい」
声の主はブッダでした。アナリツは驚いて、
「ブッダは、すべての善と徳を成就なされた方ではありませんか」
畏れて言うと、ブッダは、
「仏の覚りを開けばとて、小善をおろそかにしてよい道理がない。世の中で、善を求めること私にすぐる者はない」
アナリツは、ありがたくブッダの親切を拝受したのです。
ちょっとした善でもこころがけねばと思いました。
浄土真宗親鸞会の会長、高森顕徹先生も、浄土真宗では善のすすめはないという人があるけれども、とんでもない間違いだと話されていました。
当然ですよね、善のすすめがなければ仏教どころか、雑多な教えよりもお粗末になってしまいます。
親鸞会は善をすすめるから間違いだなんていう人があると知ってビックリです。

エピソード「恐ろしいのは無知」

世界の四大聖人のトップといわれるブッダにまつわるお話を書いています。
「恐ろしいのは無知
──ブッダと自殺志願の娘」
ブッダがお弟子と托鉢に歩いておられたとき、大きな橋の真ん中付近で独りの女性があたりをはばかりながらしきりとたもとへ石を入れているのをご覧になられました。自殺の準備に違いない、と知らされたブッダは、さっそく近づかれ優しく訳をたずねられまいした。
その女性は、仏という最高のさとりを開いたブッダが声をかけて下されたのだと知り、慈悲深い尊容に安心感を覚えた彼女は、思わず知らず語りはじめました。
「お恥ずかしいことですが……ある人を愛しましたが、今は捨てられてしまいました。世間の目はいよいよ冷たく、お腹の子の将来など考えますと、死んだほうがどんなにましだろうかと、ただ苦しむばかりです。どうかこのまま死なせてください……」
娘はよよと泣き崩れました。
あわれに思われたブッダはこう仰いました。
「愚かなそなたには、例えをもって教えよう。ある所に、毎日、重荷を積んだ車を、朝から晩まで引かねばならぬ牛がいたのだ。つくづくその牛は思った。
『なぜオレは毎日、こんなに苦しまねばならぬのか、自分を苦しめているものは一体何なのか”と”そうだ!この車さえなければオレは苦しまなくてもよいのだ』
牛は車を壊すことを決意した。ある日、猛然と走って、車を大きな石に打ち当て、木っ端微塵に壊してしまったのだ。
ところが飼い主は、『こんな乱暴な牛には、頑丈な車でなければまた壊される』とやがて鋼鉄製の車を造ってきた。
それは壊した車の何十倍、何百倍の重さであった。その車で重荷を、同じように、毎日、引かせられ、以前の何百倍、何千倍、苦しむようになった牛は、深く後悔したが後の祭りであった。
牛がちょうど、車さえ壊せば苦しまなくてもよいと思ったのと同じように、そなたは肉体さえ壊せば楽になれると思っているのだろう。
そなたには分からないだろうが、死ねばもっと苦しい世界へ飛び込まなければならないのだ。その苦しみは、この世のどんな苦しみよりも恐ろしい苦しみなのだよ。」
「あぁ……何と私は愚か者であったのか。ブッダにお会いしなければ、自ら苦しみの世界へ飛び込んでいたに違いない。危ないところであった。」
悔悟の涙を流し、娘は仏教を聞き求めるようになったといわれます。

巨大な樹木も一粒のタネから

仏教を説かれた、ブッダ(仏陀)にまつわる話を書いています。
「巨大な樹木も一粒のタネから」
ある日、ブッダがお弟子を連れて村を訪れ、托鉢をして歩かれました。
たまたま、そのお姿を拝した貧しい女が深い尊敬の念を起こし、
「なんと尊いお方だろうか。ぜひ何か差し上げたい」
と、布施を志し、女はブッダに、自分たちの昼食のために用意した「麦こがし」を施すことにしました。「麦こがし」とは大麦を煎って焦がし、うすでひいて粉にしたものです。
鉢に麦こがしを差し上げた時、ブッダは弟子の阿難に向かってこういわれたそうです。
「この女は今の尊行によって、やがてさとりを開くであろう」
すると傍らにいた彼女の夫が、おもむろにブッダに歩み寄り、腹を立てた様子で食ってかかりました。
「そんな出任せ言って、麦こがしを出させるな。取るに足らぬ布施でどうしてそんな果報が得られるか」
ブッダは、静かに、
「そなたは世の中で、これは珍しいというものを見たことがあるか」
『いきなり何だ』と男は戸惑いつつも、「珍しいもの」と問われ、村の大樹を思い出しました。
「あの多根樹ほど不思議なものはない。一つの木陰に五百両の馬車をつないでも、まだ余裕があるからな」
続けてブッダは問われて、
「そんな大きな木だから、タネはひきうすぐらいはあるだろう。それとも飼い葉桶ぐらいかな」
「とんでもない。そんな大きなものではない。ケシ粒のほんの四分の一ぐらいしかない」
ブッダは答えて、
「そんな小さなタネから、そんな大きな木になるなんて、だれ一人信じないね」
ブッダの言葉に、男は大声で反論しました。
「だれ一人信じなくとも、オレは信じている」
ここでブッダは言葉を改め、
「どんな麦こがしの小さな善根でも、やがて強縁に助けられ、ついにはさとりを開くこともできるのだ」
ブッダの当意即妙の説法に、夫は自身の誤りを知らされた。直ちに己の非をわび、夫婦そろって仏弟子となったのです。


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.