智恵ある者に怒りなし

大宇宙最高の仏のさとりを開かれたブッダに関する話を書いています。

『智恵ある者に怒りなし』

「そなたは祝日に、肉親や親類の人たちを招待し、歓待することがあるか」
ブッダの静かな問いかけに、先刻から、辺り構わずどなり散らしていた邪教徒の男は、
「そ、そりゃ、あるさ」とかろうじて答えました。
訪れてから今まで、悪口雑言を浴びせ続けているが、全く挑発に乗ってこないブッダに焦りを感じていたところでした。

ブッダは続けて尋ねられました。
「親族がその時、そなたの出した食べ物を食べなかったらどうするか」
「食わなければ、残るだけさ」

ブッダは「私の前で悪口雑言ののしっても、私がそれを受け取らなければ、その罵詈雑言は、だれのものになるのか」
核心に触れたと思った男は、ムキになって反論した。
「いや、いくら受け取らなくとも、与えた以上は与えたのだ」
「いや、そういうのは与えたとはいえない」

ブッダに突っぱねられた男は、訳が知りたくなる。立場が逆転し、その男は、自らブッダに問うようになりました。
「それなら、どういうのを受け取ったといい、どういうのを受け取らないというのか」

ブッダは答えて、「ののしられた時、ののしり返し、怒りには怒りで報い、打てば打ち返す。闘いを挑めば闘い返す。それらは与えたものを受け取ったというのだ。しかし、その反対に、何とも思わないものは、与えたといっても受け取ったのではないのだ」

さっきから感じていたことを言い表された気がして、男は重ねて尋ねた。
「それじゃあなたは、いくらののしられても、腹は立たないのか」
ブッダは厳かに、偈で答えられました。

「智恵ある者に怒りなし。
 よし吹く風荒くとも、
 心の中に波たたず。
 怒りに怒りをもって報いるは、
 げに愚か者のしわざなり」

百雷に打たれたような衝撃が心に走った。外道の若者は「私は、ばか者でありました。どうぞ、お許しください」
落涙平伏し、仏に帰順したのです。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.