ブッダ物語●三人の妻(1)

 二千六百年前、三十五歳で無上のさとりを開かれたブッダの例え話に、こんな話がある。

 昔、ある金持ちの男が三人の妻を持って楽しんでいた。
 金持ちは第一夫人を最もかわいがって、寒いと言ってはいたわり、暑いと言っては心配し、贅の限りを尽くさせ、一度も機嫌を損なうことはなかった。
 第二夫人は第一夫人ほどではないが、種々苦労し、他人と争ってまで手に入れたので、いつも自分のそばに置いて楽しんでいた。
 第三夫人は寂しい時、悲しい時、困った時だけに会って楽しむ程度であった。
 ところがやがて、その金持ちが重い病で床に伏すようになる。
 刻々と迫りくる死の影に恐れおののいた彼は、第一夫人を呼んで心中の寂しさを訴え、”ぜひ死出の旅路の同道を”と頼んだ。
“ほかのこととは違い、死の道連れだけは、お受けすることはできません”
 すげない第一夫人の返事に、男は絶望の淵に突き落とされた。寂しさに耐えられぬ男は、恥を忍んで第二夫人に頼んでみた。
“あなたが一番かわいがっていた彼女でさえ、イヤとおっしゃったじゃありませんか。私もまっぴらご免でございます。あなたが私を求められたのは、あなたの勝手。私から望んだのではありません”
 案の定、第二夫人の返事も冷たい。男は恐る恐る、第三夫人にすがった。
“日ごろのご恩は決して忘れてはいませんから、村外れまで同道させていただきましょう。しかし、その先はどうか堪忍してください”
 結局、三人ともに突き放されてしまったのだ。

 この例えは一体、何を教えられたものか、ブッダの教えを聞いてみよう(つづく)。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.