ブッダ物語●祇園精舎(5)

 果たして給孤独は、落胆するどころか大層喜び、飛び出すように帰宅して準備に取りかかった。蔵という蔵から金貨を集め、車に山と積み、目的の土地に向かったのである。

“なぜここまで……”
 給孤独の本気を思い知らされ、太子は半ば呆れてつぶやいた。目の前には、まばゆい光を放つ黄金が大地に輝いて、見たこともない光景がはるか向こうまで広がっている。そうするうちにも長者の使用人たちは、金貨を無造作に樹林へ敷いていく。彼らを急かすように指示を与える、給孤独の声が響いた。
「さあ、どんどん運べ。蔵が空になってもいい。運べ、運べ」
 その声に、我に返った太子は、慌てて長者に駆け寄り、
「待ってくれ。あなたは、なぜ全財産を投げ捨ててまで、この土地を仏陀に寄進したいと思うのか」。
 ニッコリほほえんで、長者は答えた。
「先日も申しましたとおり、ブッダは万人が救われる真実の法を説いておられます。苦しみ迷いの人生が、現在ただいまから光明輝く幸せに生かされ、未来永劫の楽果を得られる尊法です。そんな教えが説かれているなら、いかに遠くへでもはせ参じ、恭敬して教導を頂くべきでしょう。ところが仏陀は、自ら赴くと仰せです。普通ではありえぬこと。されば今、わが為すべきは、全精力を傾けて、ブッダをお迎えする土地をご用意することであります。私は、この国に仏法を伝えたいのです。金や財は一時の宝。やがては滅び、身から離れていく。しかし、永久に滅びぬ至宝、真実の法を体得するために生かせるなら、こんな喜ばしいことはない。たとえ全財産を投じても悔いはありません」
(つづく)

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.