命は足が速い

少しずつブッダの物語について書いています。

『命は足が速い』

あるとき、ブッダは弟子にこう話しかけられました。
「そなたもこのごろは、命の短く脆いことがうなずけてきたらしい」
合点して弟子は言いました。
「本当にそうでございます。たちまち消え失せてしまいます」

「”たちまち”と言っても、感じようもいろいろだが……」
ブッダの一言に、”仏さまの感じられる命の短さとは、どれほどのものなのだろう?”と、弟子は疑問を起こしました。
「世尊がお感じになっているそれは、どれぐらいの速さでございましょうか」

「そなたにはとても納得できまい」
そう聞いた弟子は聞きたい気持ちが抑えられなくなり、なおも尋ねると、ブッダはこう言われました。
「例えばここに、弓の名人が四人いるとする。そのうちの一人は東に、一人は南、一人は西へ、そしてもう一人は北を向き、それぞれの方向の彼方に的を定め、心を合わせて一度に矢を放つ。名人の放つ矢は目にも留まらぬ速さで飛ぶ。そこに足の速い男がいて、サッと走りだしたと見る間に、四人の弓師が放った矢を引っ捕らえてしまったとしよう。どうだ。この男の足は速いだろう?」

「それは速いです。とても速いです」
興奮ぎみに弟子は言いました。やや間を置いて、ブッダは仰せられた。
「それよりも、もっと速いのが人間の命なのだ。命は実に足が速い」

たしかに振り返ってみれば、5年10年なんてあっという間ですね。
いえ、人生80年といっても瞬く間かもしれません。だからこそ一日一日を大切にしたいものです。

親鸞会の講演でも会長の高森顕徹先生が「一生過ぎやすし」という蓮如上人(れんにょしょうにん)の言葉を通して話されていたのを思い出しました。
親鸞聖人も、無常を観じて9歳で出家されたといいます。
日本に古来から伝わる無常観、とても大事だと思います。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.