ブッダ~エピソード

二千六百年前、三十五歳で無上のさとりを開かれ、仏陀となられたブッダにまつわるお話です。

『石は、自らの重さで沈んだのだ』

ブッダが精舎に来られたときある弟子が尋ねました。

「ブッダよ、長い経文を読んでもらったら、地獄に堕ちている者でも極楽へ往けるという人がありますが、本当でしょうか?」
聞き終わられるとブッダは、無言で立ち上がられました。
修行者が仲間に目くばせする間にも、ブッダはゆっくりと部屋を出られ、精舎の外へ歩まれます。戸惑いながらも友を引き連れ、彼はあとに従いました。

庭には池がありました。黙然とその淵に立たれると、ブッダは拳ほどの石を手に取られ、中へ投げ込まれました。小さく水しぶきを上げ、石はみるみる沈んでいきます。

波紋が小気味よく広がり、池全体を同心円が覆ったころ、ブッダは静かにおっしゃっいました。
「そなたたち、この池の周りを、石よ浮かび上がれ、石よ浮かび上がれと言いながら回ったら、あの石が浮かんでくると思うか」
“まさか” 修行者は法友たちと顔を見合わせ、申し上げた。
「世尊、そんなことで石が浮かぶはずがありません」
池に目をやると、水面は徐々に静まり、石はすでに影も形も見えない。

「そうだろう。石は、石の重さで沈んでいったのだ。どんなに浮かび上がれと言ったところで、浮かぶものではない。人は、己の過去に造った悪業によって、悪因悪果、次の世界に沈むのだ」
“読経や儀式で死人の果報が変わるはずがない”得心したように、弟子はうなずきました。

「生きている今、弥陀の本願に救い摂られるのが仏教の目的」
ブッダはそう教えられたのです。

先日の浄土真宗親鸞会のアニメ解説というご縁で、ちょうどこの場面を見ました。
浄土真宗の祖師親鸞も、肉体の葬式より魂の葬式を大事にされたと聞いています。

形よりも心、ですね。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.