無上の道──釈尊とワシとハト

ブッダが修行をしていたころの話です。

ある日、飢えに死にかけたワシがブッダに尋ねました。
「ここへ、ハトが来ませんでしたか?」
「ハトなら私の懐にいる」

意外な返事に元気を取り戻したワシは、思わず口にしました。
「ヤレヤレこれで生き延びられる。どうかハトを渡していただけないでしょうか。餓死寸前の私が見つけたハトなのです。逃しては死ぬほかありません」

ブッダの胸にはハトが、小さく震えながらうずくまっています。ブッダは端然と座り、目をつぶったまま沈黙しています。
ワシは次第に心配になってきました。
“……よく考えれば、出家は生き物を殺さないというじゃないか。ならば、みすみすハトを差し出すだろうか。だが、ほうっておいてはこのオレが死ぬ。オレを生かすには、ハトを死なさねばならんだろう。かと言ってハトを助ければ、オレが救われん……”

その時、ブッダは静かに言いました。
「ワシよ、汝の飢えはハトでなければ救えないのか?」
意図が分からず、ワシは沈黙しました。
「このハトの肉でなければ、そなたの飢えはしのげないのか?」

ブッダが言葉を換えて尋ねると、ようやくワシは口を開きました。
「そんなことはありません。同じほどの肉であれば、私は死なずにすみます」
「ならばどうじゃ。同じ量の肉を与えるから、ハトを助けてはくれないか」
“そんな肉片がどこにあるというのか?”といぶかったが、一応納得し、何が起きるのかを見守りました。

そのあとのブッダの行動に、ワシは目をみはった。何と彼は、自ら片方の腿の肉をそいで、ハトの目方と合わせた。だが、まだ軽かったのだろう。もう一方の肉をそいで量る。まだ足りぬのか、身体のあちこちの肉をそいで、ハトの目方と同じ量の肉を集め、優しく与えてくれたのでした。

このブッダの志によって、ワシはようやく飢えを満たした。ハトも死を免れて喜びました。
ともに生命を全うしたのを見て、ブッダも喜んだという。

ワシに慈悲心を教えるのも尊い。
ハトに諦観を説かねばならぬこともあるでしょう。
しかしブッダは、最も困難で、苦しい道を進まれたのです。
それは最高無上の道であるからです。

浄土真宗親鸞会の人に、この話を教えてもらいました。
とてもブッダのようなことは出来ないかも知れませんが、せめて身近なこと、それがちょっと自分の損になったり、面倒なことであっても善いことをしていこうと思いました。

親鸞会の人と接していると、心が洗われるようです。
会長の高森顕徹先生も、なにか教祖みたいなイメージはまったくなく、とても親しく感じられるので、また話を聞きにいこうと思います。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.