ブッダが説く親の大恩十種①懐胎守護の恩

ブッダが説かれた「親の大恩十種」の一番目は、「懐胎守護の恩」です。 「懐胎守護の恩」とは、子どもを身ごもったお母さんが、胎児を守って下さる恩です。何を食べたらよいか、食べない方がよいか、いろいろ心配をして下さり、種々に守って下さる恩です。  母親が特に心配するのは、薬害ではないでしょうか。病気になると、たとえ自分の肉体はつらくても、「この薬を飲んだら子どもに悪い」と思えば、我慢して飲まないようにします。そのように心配して、おなかの子どもを守って下されたご恩を「懐胎守護の恩」と教えられています。  お経にブッダは、次のように説かれています。 「悲母、子を胎めば、十月の間に血を分け肉を頒ちて、身重病を感ず。子の身体これに由りて成就す」(『父母恩重経』)  子どもが宿ってから十ヶ月の間、母親は重病になったような苦しみを感じながらも、守ってくださり、そのおかげで子どもの身体が作られます。  ミニスカートにブーツ姿で街を闊歩していた女性も、子供を授かれば、格好は二の次。おなかを締めつけない服を着て、転ばないようにかかとの低い靴を履きます。好みの食べ物や衣服を手に入れて、食べたい、身を飾りたいという気持ちより、健康に生まれてほしいの思いが強くなるからでしょう。  ブッダは、次のようにおっしゃっています。 「苦悩休む時なきが故に、常に好める飲食・衣服を得るも、愛欲の念を生ぜず。唯一心に安く生産せんことを思う」  胎盤の完成していない妊娠初期は、流産のリスクがあるため、遠方への移動や運動も控えるように言われたり、重い荷物を持つことはもちろん、手を上に伸ばして荷物を上げ下げするのもよくないといわれます。  母親が種々に心配し、守って下されたなればこそ、胎児は成長できるのです。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.