巨大な樹木も一粒のタネから

仏教を説かれた、ブッダ(仏陀)にまつわる話を書いています。

「巨大な樹木も一粒のタネから」

ある日、ブッダがお弟子を連れて村を訪れ、托鉢をして歩かれました。
たまたま、そのお姿を拝した貧しい女が深い尊敬の念を起こし、
「なんと尊いお方だろうか。ぜひ何か差し上げたい」
と、布施を志し、女はブッダに、自分たちの昼食のために用意した「麦こがし」を施すことにしました。「麦こがし」とは大麦を煎って焦がし、うすでひいて粉にしたものです。
鉢に麦こがしを差し上げた時、ブッダは弟子の阿難に向かってこういわれたそうです。

「この女は今の尊行によって、やがてさとりを開くであろう」

すると傍らにいた彼女の夫が、おもむろにブッダに歩み寄り、腹を立てた様子で食ってかかりました。
「そんな出任せ言って、麦こがしを出させるな。取るに足らぬ布施でどうしてそんな果報が得られるか」

ブッダは、静かに、
「そなたは世の中で、これは珍しいというものを見たことがあるか」

『いきなり何だ』と男は戸惑いつつも、「珍しいもの」と問われ、村の大樹を思い出しました。
「あの多根樹ほど不思議なものはない。一つの木陰に五百両の馬車をつないでも、まだ余裕があるからな」

続けてブッダは問われて、
「そんな大きな木だから、タネはひきうすぐらいはあるだろう。それとも飼い葉桶ぐらいかな」

「とんでもない。そんな大きなものではない。ケシ粒のほんの四分の一ぐらいしかない」

ブッダは答えて、
「そんな小さなタネから、そんな大きな木になるなんて、だれ一人信じないね」
ブッダの言葉に、男は大声で反論しました。
「だれ一人信じなくとも、オレは信じている」

ここでブッダは言葉を改め、
「どんな麦こがしの小さな善根でも、やがて強縁に助けられ、ついにはさとりを開くこともできるのだ」

ブッダの当意即妙の説法に、夫は自身の誤りを知らされた。直ちに己の非をわび、夫婦そろって仏弟子となったのです。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.