エピソード「恐ろしいのは無知」

世界の四大聖人のトップといわれるブッダにまつわるお話を書いています。

「恐ろしいのは無知
──ブッダと自殺志願の娘」

ブッダがお弟子と托鉢に歩いておられたとき、大きな橋の真ん中付近で独りの女性があたりをはばかりながらしきりとたもとへ石を入れているのをご覧になられました。自殺の準備に違いない、と知らされたブッダは、さっそく近づかれ優しく訳をたずねられまいした。

その女性は、仏という最高のさとりを開いたブッダが声をかけて下されたのだと知り、慈悲深い尊容に安心感を覚えた彼女は、思わず知らず語りはじめました。
「お恥ずかしいことですが……ある人を愛しましたが、今は捨てられてしまいました。世間の目はいよいよ冷たく、お腹の子の将来など考えますと、死んだほうがどんなにましだろうかと、ただ苦しむばかりです。どうかこのまま死なせてください……」
娘はよよと泣き崩れました。

あわれに思われたブッダはこう仰いました。
「愚かなそなたには、例えをもって教えよう。ある所に、毎日、重荷を積んだ車を、朝から晩まで引かねばならぬ牛がいたのだ。つくづくその牛は思った。

『なぜオレは毎日、こんなに苦しまねばならぬのか、自分を苦しめているものは一体何なのか”と”そうだ!この車さえなければオレは苦しまなくてもよいのだ』

牛は車を壊すことを決意した。ある日、猛然と走って、車を大きな石に打ち当て、木っ端微塵に壊してしまったのだ。
ところが飼い主は、『こんな乱暴な牛には、頑丈な車でなければまた壊される』とやがて鋼鉄製の車を造ってきた。

それは壊した車の何十倍、何百倍の重さであった。その車で重荷を、同じように、毎日、引かせられ、以前の何百倍、何千倍、苦しむようになった牛は、深く後悔したが後の祭りであった。

牛がちょうど、車さえ壊せば苦しまなくてもよいと思ったのと同じように、そなたは肉体さえ壊せば楽になれると思っているのだろう。
そなたには分からないだろうが、死ねばもっと苦しい世界へ飛び込まなければならないのだ。その苦しみは、この世のどんな苦しみよりも恐ろしい苦しみなのだよ。」

「あぁ……何と私は愚か者であったのか。ブッダにお会いしなければ、自ら苦しみの世界へ飛び込んでいたに違いない。危ないところであった。」
悔悟の涙を流し、娘は仏教を聞き求めるようになったといわれます。

Comments are closed.


Copyright © ブッダとは? All Rights Reserved.